So-net無料ブログ作成
1週間の相場を振り返る ブログトップ
前の10件 | -

相場:25日移動平均を割り込むか…!? [1週間の相場を振り返る]

スポンサードリンク




1週間の相場を振り返る(日経平均:2月第2週)



企業に勤めるかたわら

スキマ時間を活用した

株式投資で



資産を10年で10倍にした

ビジネスパーソンです。



そんな私がこれまで培ってきた

知識・スキル・経験



少しでも皆さんの

お役にたてられたら幸いです。



皆さん

今週の売買は

いかがだったでしょうか?



常に上昇・下降を繰り返す相場の世界。

運や他人の情報に頼るばかりの

投資を続けていると、



いずれ資金が底をつき、

市場からの撤退を

余儀なくされる日が訪れます。



そうならないためにも

自分なりの『売買技術』を磨いて



『生涯現役』

を目指していきましょう!



先週のこの場では、

相場全体をふかんした時の



今週の注目ポイントとして

以下のことをご紹介しました。



===========

保合相場に

入ってしまうのか…!?

===========



では今週の相場が

実際にどのように動いたのか



チャートを使って

振り返っていきましょう!



2月2週 チャート①.jpg



チャートを見ると分かるように

1週間かけて大きく上昇した



先週の勢いを

維持することができず

値を下げる展開となります。



今週のポイントであった

保合相場の様相を呈しています。



しかし値を下げた展開と

なったものの



今週1週間動きを

チャートで見てみると



25日移動平均で

なんとか踏みとどまっていることが

分かります。



2月2週 チャート②.jpg



新型肺炎拡大の影響から

上値をドンドン追いかける

動きとは なりにくいものの



かといって

値がさがると買いが入る



といった

展開となっていますね。



来週以降、

もし25日移動平均を

割り込んでくるようですと



次の下げ目安として

・11月26日高値

・1月8日安値

あたりが意識されそうですね。



2月2週 チャート③.jpg



このようなタイミングを待ち伏せて

仕掛けを行っていく予定です。



従いまして

来週の注目ポイントは

次のようになります。



==========

25日移動平均を

割り込むか…!?

==========



果たして

来週はどのような

動きになりますでしょうか。



チャートを「読む」目的は、

以下の3つです。



①現状の把握

②トレンド転換を探る

③近い将来の方向性を探る



今回もこの投稿の中で

紹介していますように



簡単な道具の使いこなしだけで

十分にこの3つのことを

読むことができます。



移動平均線

出来高

ローソク足

トレンドライン

抵抗線・支持線




あとはこれに連動して

建玉操作を

組み合わせるだけですね。



「生涯現役」



を目指すためには

巷にあふれている価値の低い

情報収集に明け暮れるのではなく



しっかりと戦えるだけの

知識・スキル・経験

の積み重ねが欠かせません!



意味のない情報収集ではなく

生涯現役のための

売買技術の構築にこそ



自分のお金と時間をつぎこむ

自己投資をしていきたいですね。



株式投資で大切なことは、

以下の4つです。



==========

・相場俯瞰力

・銘柄選択力

・資金管理力

・売買技術

==========



この中の売買技術について

プロの投資家が大切にしている



「逆指値」



を使った 目からうろこ

かつ 簡単に実践できる



売買技術

以下の書籍で公開しています。



相場の上げ下げの波に

上手に乗るための

ヒントが満載です。



ご興味のある方は、

ぜひこの機会に

手に取って頂ければと思います。




 



 





こちらをクリック頂けると幸いです。




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

相場:「保合相場」に入ってしまうのか…!? [1週間の相場を振り返る]

スポンサードリンク




1週間の相場を振り返る(日経平均:2月第1週)



一部上場企業に勤めるかたわら

スキマ時間を活用した

株式投資で



資産を10年で10倍にした

ビジネスパーソンです。



そんな私がこれまで培ってきた

知識・スキル・経験



少しでも皆さんの

お役にたてたら幸いです。



皆さん

今週の売買はいかがだったでしょうか?



常に上昇・下降を繰り返す相場の世界。

運や他人の情報に頼るばかりの

投資を続けていると、



いずれ資金が底をつき、

市場からの撤退を

余儀なくされる日が訪れます。



そうならないためにも

自分なりの『売買技術』を磨いて



『生涯現役』

を目指していきましょう!



先週のこの場では、

相場全体をふかんした時の



今週の注目ポイントとして

以下のことをご紹介しました。



===========

1月8日安値を

明確に割り込むか…!?

===========



では今週の相場が

実際にどのように動いたのか



チャートを使って

振り返っていきましょう!



2月1週 チャート①.jpg



2月1週.jpg



(月)(火)と連続して

ザラ場では1月8日安値を

明確に割り込んだものの



終値ベースでは

何とか持ちこたえる

展開となりました。



2月1週 チャート②.jpg



一方で同じく先週のこの場では

切り返してきた場合の

上げ目安として



以下の2つのポイントを

ご紹介しました。



・25日移動平均

・11月26日高値



今週中盤の

切り返しの局面では勢いが強く



これらの2つのポイントを抜けてくる

展開となりましたね。



2月1週 チャート③.jpg



しかしながら

1月17日高値に届くことなく

(金)には下げに転じました。



2月1週 チャート④.jpg



個人的には

先週後半~今週前半に仕込んだ



買い玉に

含み益が乗っている状況です。



来週以降

1月17日の高値を抜ければ



再度

上昇トレンド入りとなるため



技術的には

このラインで待ち伏せをして

逆指値で買い仕掛け



いきたいところですが

大きなニュースがない限りは



このラインを抜けるのには

もう少し時間がかかりそうです。



個人的には、

いったん下げたタイミングで

買い玉を増やす作戦を考えています。



一方でこの先は、

「保合相場」

に入る可能性も意識しながら



チャートの動きをしっかりと

ウオッチして



買いor売り

の仕掛けを 行っていきたい局面です。



このように

相場の少し先の

動きを読みながら

建玉操作を行うことで



「損小利大」を積み重ね

「生涯現役」を続けていきたいですね。



相場の様々な局面で

どのように仕掛けたら勝てるのか。



具体的な方法に興味のある方は

最後に紹介している書籍で確認を。



知っていて損はないはず。



来週の注目ポイントは

次のようになります。



==========

保合相場に

入ってしまうのか…!?

==========



果たして

来週はどのような

動きになりますでしょうか。



チャートを「読む」目的は、

以下の3つです。



①現状の把握

②トレンド転換を探る

③近い将来の方向性を探る



今回もこの投稿の中で

紹介していますように



簡単な道具の使いこなしだけで

十分にこの3つのことを

読むことができます。



移動平均線

出来高

ローソク足

トレンドライン

抵抗線・支持線




あとはこれに連動して

建玉操作を

組み合わせるだけですね。



「生涯現役」



を目指すためには

巷にあふれている価値の低い

情報収集に明け暮れるのではなく



しっかりと戦えるだけの

知識・スキル・経験

の積み重ねが欠かせません!



意味のない情報収集ではなく

生涯現役のための

売買技術の構築にこそ



自分のお金と時間をつぎこむ

自己投資をしていきたいですね。



株式投資で大切なことは、

以下の4つです。



==========

・相場俯瞰力

・銘柄選択力

・資金管理力

・売買技術

==========



この中の売買技術について

プロの投資家が大切にしている



「逆指値」



を使った 目からうろこ

かつ 簡単に実践できる



売買技術を

以下の書籍で公開しています。



相場の上げ下げの波に

上手に乗るための

ヒントが満載です。



ご興味のある方は

ぜひこの機会に

手に取って頂ければと思います。




 



 





こちらをクリック頂けると幸いです。






スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

相場:1月8日安値で下降トレンド入り…!? [1週間の相場を振り返る]

スポンサードリンク




1週間の相場を振り返る(日経平均:1月第5週)



企業に勤めるかたわら

スキマ時間を活用した

株式投資で



資産を10年で10倍にした

ビジネスパーソンです。



そんな私がこれまで培ってきた

知識・スキル・経験



少しでも皆さんの

お役にたてたら幸いです。



皆さん

今週の売買はいかがだったでしょうか?



常に上昇・下降を繰り返す相場の世界。

運や他人の情報に頼るばかりの

投資を続けていると、



いずれ資金が底をつき、

市場からの撤退を

余儀なくされる日が訪れます。



そうならないためにも

自分なりの『売買技術』を磨いて



『生涯現役』

を目指していきましょう!



先週のこの場では、

相場全体をふかんした時の



今週の注目ポイントとして

以下のことをご紹介しました。



===========

11月26日の高値で

下げ止まるか…!?

===========



では今週の相場が

実際にどのように動いたのか



チャートを使って

振り返っていきましょう!



2月5週 チャート①.jpg



2月5週.jpg



今週は月曜日から

いきなり大きく値を下げての

スタートとなりました。



結果として

今週の注目ポイントであった



昨年11月26日の高値を

いとも簡単に割り込んでしました。



2月5週 チャート②.jpg



この次の下げ目安として

こちらも先週のこの場で

ご紹介した通り



今年1月8日の安値

ということでした。

 


火曜日以降の値動きを

見てみると



まさに1月8日の安値あたりで

ギリギリ持ちこたえている

ことが分かります。



2月5週 チャート③.jpg



そして来週以降の

この先の動きは



今後の株価の展開を占う上で

とても重要になってきます。



万が一

この1月8日の安値を明確に

割り込んでくるようですと



次の3つが重なることに

なりますので



下げトレンド転換が

濃厚となります。



・ダブルトップ

・上昇トレンドライン割れ

・ネックライン(1月8日安値)下抜け



2月5週 チャート④.jpg



逆に

1月8日の安値を

明確に割り込むことなく



切り返してくる場合でも

当面の上げ目安は



以下の2つのあたりになるのが

一般的な動きですね。



・25日移動平均

・11月26日高値



このように相場の少し先の

動きを読みながら

建玉操作を行うことで



「損小利大」



を積み重ね

生涯現役を続けていきたいですね。



今回ご紹介したような局面で

どのように仕掛けたらよいのか。



具体的な方法に興味のある方は

最後に紹介している書籍で確認を。



知っていて損はないはず。



来週の注目ポイントは

次のようになります。



==========

1月8日安値を

明確に割り込むか…!?

==========



果たして

来週はどのような

動きになりますでしょうか。



チャートを「読む」目的は、

以下の3つです。



①現状の把握

②トレンド転換を探る

③近い将来の方向性を探る



今回もこの投稿の中で

紹介していますように



簡単な道具の使いこなしだけで

十分にこの3つのことを

読むことができます。



移動平均線

出来高

ローソク足

トレンドライン

抵抗線・支持線




あとはこれに連動して

建玉操作を

組み合わせるだけですね。


「生涯現役」



を目指すためには

巷にあふれている価値の低い

情報収集に明け暮れるのではなく



しっかりと戦えるだけの

知識・スキル・経験

の積み重ねが欠かせません!



意味のない情報収集ではなく

生涯現役のための

売買技術の構築にこそ



自分のお金と時間をつぎこむ

自己投資をしていきたいですね。



株式投資で大切なことは、

以下の4つです。



==========

・相場俯瞰力

・銘柄選択力

・資金管理力

・売買技術

==========



この中の売買技術について

プロの投資家が大切にしている



「逆指値」



を使った 目からうろこ

かつ 簡単に実践できる



売買技術を

以下の書籍で公開しています。



相場の上げ下げの波に

上手に乗るための

ヒントが満載です。



ご興味のある方は、

ぜひこの機会に

手に取って頂ければと思います。




 



 





こちらをクリック頂けると幸いです。






スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

相場:11月26日の高値で下げ止まるか…!? [1週間の相場を振り返る]

スポンサードリンク




1週間の相場を振り返る(日経平均:1月第4週)



企業に勤めるかたわら

スキマ時間を活用した

株式投資で



資産を10年で10倍にした

ビジネスパーソンです。



そんな私がこれまで培ってきた

知識・スキル・経験



少しでも皆さんの

お役にたてたら幸いです。



皆さん

今週の売買はいかがだったでしょうか?



常に上昇・下降を繰り返す相場の世界。

運や他人の情報に頼るばかりの

投資を続けていると、



いずれ資金が底をつき、

市場からの撤退を

余儀なくされる日が訪れます。



そうならないためにも

自分なりの『売買技術』を磨いて



『生涯現役』

を目指していきましょう!



先週のこの場では、

相場全体をふかんした時の



今週の注目ポイントとして

以下のことをご紹介しました。



===========

上下どちらに株価が

抜けてくるのか…!?

===========



では今週の相場が

実際にどのように動いたのか



チャートを使って

振り返っていきましょう!



1月4週 チャート①.jpg



1月4週.jpg



チャートを見てみると

今週の注目ポイントについては



株価が上昇トレンドラインの

下側に抜けてきたことが分かります。



1月4週 チャート②.jpg



さらにチャートの見方を

訓練されている方ですと



上昇トレンドラインを

下側に抜けたあとの



当面の下げ目安は

以下の2つが意識されることが

分かります。



・11月26日の高値

・1月8日の安値



1月4週 チャート④.jpg



このようにして

チャートを使って少し先の



展開の可能性を読みながら

建玉操作をすることで



ただ単にやみくもに

売買するよりも



売買の精度を

一気に高めることが

可能となりますね。



この具体的な

やり方を知りたい方は



最後に紹介している

書籍を参考にしてい下さい。



知っていて損はありません。



来週以降

仮に11月26日の高値を

割り込んでくるようですと



10日移動平均線

25日移動平均線



の傾きが

そろってマイナスとなりますので

注意が必要ですね。



従いまして

来週の注目ポイントは

次のようになります。



==========

11月26日の高値で

下げ止まるのか…!?

==========



果たして

来週はどのような

動きになりますでしょうか。



チャートを「読む」目的は、

以下の3つです。



①現状の把握

②トレンド転換を探る

③近い将来の方向性を探る



今回もこの投稿の中で

紹介していますように



簡単な道具の使いこなしだけで

十分にこの3つのことを

読むことができます。



移動平均線

出来高

ローソク足

トレンドライン

抵抗線・支持線




あとはこれに連動して

建玉操作を

組み合わせるだけですね。



「生涯現役」



を目指すためには

巷にあふれている価値の低い

情報収集に明け暮れるのではなく



しっかりと戦えるだけの

知識・スキル・経験

の積み重ねが欠かせません!



意味のない情報収集ではなく

生涯現役のための

売買技術の構築にこそ



自分のお金と時間をつぎこむ

自己投資をしていきたいですね。



株式投資で大切なことは、

以下の4つです。



==========

・相場俯瞰力

・銘柄選択力

・資金管理力

・売買技術

==========



この中の売買技術について

プロの投資家が大切にしている



「逆指値」



を使った 目からうろこ

かつ 簡単に実践できる



売買技術を

以下の書籍で公開しています。



相場の上げ下げの波に

上手に乗るための ヒントが満載です。



ご興味のある方は、

ぜひこの機会に

手に取って頂ければと思います。




 



 





こちらをクリック頂けると幸いです。




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

相場:上下どちらに株価が抜けてくるか…!? [1週間の相場を振り返る]

スポンサードリンク




1週間の相場を振り返る(日経平均:1月第3週)



企業に勤めるかたわら

スキマ時間を活用した

株式投資で



資産を10年で10倍にした

ビジネスパーソンです。



そんな私がこれまで培ってきた

知識・スキル・経験



少しでも皆さんの

お役にたてたら幸いです。



皆さん

今週の売買はいかがだったでしょうか?



常に上昇・下降を繰り返す相場の世界。

運や他人の情報に頼るばかりの

投資を続けていると、



いずれ資金が底をつき、

市場からの撤退を

余儀なくされる日が訪れます。



そうならないためにも

自分なりの『売買技術』を磨いて



『生涯現役』

を目指していきましょう!



先週のこの場では、

相場全体をふかんした時の



今週の注目ポイントとして

以下のことをご紹介しました。



===========

昨年12月17日の高値を

越えられるか…!?

===========



では今週の相場が

実際にどのように動いたのか



チャートを使って

振り返っていきましょう!



1月3週 チャート①.jpg



1月3週.jpg



今週の注目ポイントの前に

まずチャートを見て分かることは



先週、

短期的に割り込んだ

上昇トレンドラインを



今週に入り再度

回復してきたということ。



1月3週 チャート④.jpg




そして

今週金曜日には

わずかではありますが



今週の注目ポイントであった

昨年12月17日の

高値を超えてきました。



1月3週 チャート②.jpg



しかしながら

越えたと言っても

値幅としてはごくわずか



しかも当日の

ローソク足は陰線と

なっています。



今週1週間の動きを

チャートで見ても

12月17日の高値で



頭が押さえられていることが

よく分かりますね。

 


さらには

来週以降に主要企業の



2019年4~12月期の

決算発表が本格化するため



売買が進みにくい

環境にあります。



これらのことから判断すると

昨年12月17日の高値を



明確に超えたとは

まだ言えない状況です。



仮に来週以降で

12月17日の高値を



明確に超えてくる展開に

なるようですと



この先、

上昇局面入りとなりそうです。



このような局面で

どのように売買をしかけたら



リスクを小さくして

利益を大きくできるのか



これを

知っているのと

知らないのとでは



その積み重ねが

将来大きな差となって

表れてきますね。



具体的な方法に興味がある方は

下記の書籍を参考にしてください。



また逆に次のような動きに

なるようですと



一般的には

いったんの調整局面入りが

濃厚となります。



・2点天井の形成

・上昇トレンドライン割れ

・25日移動平均線割れ



1月3週 チャート③.jpg



従いまして

来週の注目ポイントは

次のようになります。



==========

上下どちらに株価が

抜けてくるのか…!?

==========



果たして

来週はどのような

動きになりますでしょうか。



チャートを「読む」目的は、

以下の3つです。



①現状の把握

②トレンド転換を探る

③近い将来の方向性を探る



今回もこの投稿の中で

紹介していますように



簡単な道具の使いこなしだけで

十分にこの3つのことを

読むことができます。



出来高

ローソク足

トレンドライン

抵抗線・支持線




あとはこれに連動して

建玉操作を

組み合わせるだけですね。



「生涯現役」



を目指すためには

巷にあふれている価値の低い

情報収集に明け暮れるのではなく



しっかりと戦えるだけの

知識・スキル・経験

の積み重ねが欠かせません!



意味のない情報収集ではなく

生涯現役のための

売買技術の構築にこそ



自分のお金と時間をつぎこむ

自己投資をしていきたいですね。



株式投資で大切なことは、

以下の4つです。



==========

・相場俯瞰力

・銘柄選択力

・資金管理力

・売買技術

==========



この中の売買技術について

プロの投資家が大切にしている



「逆指値」



を使った 目からうろこ

かつ 簡単に実践できる



売買技術を

以下の書籍で公開しています。



相場の上げ下げの波に

上手に乗るための

ヒントが満載です。



ご興味のある方は、

ぜひこの機会に

手に取って頂ければと思います。




 



 





こちらをクリック頂けると幸いです。






スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

相場:上昇トレンドラインを割り込んだ…!? [1週間の相場を振り返る]

スポンサードリンク




1週間の相場を振り返る(日経平均:1月第2週)



企業に勤めるかたわら

スキマ時間を活用した

株式投資で



資産を10年で10倍にした

ビジネスパーソンです。



そんな私が

これまで培ってきた



知識・スキル・経験



を少しでも皆さんの

お役にたてたら幸いです。



皆さま、

新年明けまして

おめでとうございます!



本年もどうぞ

よろしくお願いします。



ところで皆さん

新年最初の売買は

いかがだったでしょうか?



常に上昇・下降を繰り返す相場の世界。

運や他人の情報に頼るばかりの

投資を続けていると、



いずれ資金が底をつき、

市場からの撤退を

余儀なくされる日が訪れます。



そうならないためにも

自分なりの『売買技術』を磨いて



『生涯現役』

を目指していきましょう!



昨年最後のこの場では、

相場全体をふかんした時の



今週の注目ポイントとして

以下のことをご紹介しました。



==========

上昇トレンドラインを

割り込むか…!?

==========



では今週の相場が

実際にどのように動いたのか



チャートを使って

振り返っていきましょう!



1月2週 チャート①.jpg



1月2週.jpg



チャートを見ると明らかなように

2020年の株式市場は



新年初日から

大きく値を下げて始まりました。



その結果として

今週の注目ポイントであった



上昇トレンドラインを

一気に割り込んだことになります。



1月2週 チャート②.jpg



この大きな要因は、

米軍による



イラン革命防衛隊司令官の殺害により

米軍とイランの関係が

急速に悪化したこと



つまりは

中東での地政学リスクが急速に

高まったからですね。



しかしその後、

米国とイランの対立激化への懸念が

後退したことを受けて



週の後半には

株価を上げる展開となりました。



But・・・



この先一気に上昇していくのか?

それともいったん調整局面に入るのか?



皆さんは、

どちらだと思いますか?



チャートを読むことに

慣れている投資家の方であれば



今後の直近の展開を

ある程度予測することが可能です。



改めて

チャートを確認してみると

次の2つのポイントが見えてきます。



まず1つめが、

週の後半に値を上げたとはいえ



依然として

上昇トレンドラインを割ったままで

あること。



1月2週 チャート②.jpg



そして昨年12月の

中旬から下旬にかけて



その後の下げ局面入りを暗示する

典型的なフォーメーションとして

知られている



「2点天井」



を形成した直後の

急落だったことから




12月17日の高値を超えるには

相当のエネルギーが

必要であることが分かります。



1月2週 チャート③.jpg



従いまして

この先一気に株価上昇とは

なりにくい局面だと言えそうです。



それでも12月17日の高値を

越えるようなニュースなどが

出てきた場合には



逆にその後は

強い相場に入ることになりますね。



従いまして

来週の注目ポイントは

次のようになります。



==========

12月17日の高値を

越えられるか…!?

==========



このような局面で



「損小利大」



のためにどのように

仕掛けたら良いかを

知りたい方は



最後に紹介している書籍で

チェックをしてください。



知っておいて

損はないはずです。



果たして

来週はどのような

動きになりますでしょうか。



チャートを「読む」目的は、

以下の3つです。



①現状の把握

②トレンド転換を探る

③近い将来の方向性を探る



今回もこの投稿の中で

紹介していますように


 

簡単な道具の使いこなしだけで

十分にこの3つのことを

読むことができます。



移動平均線

出来高

ローソク足

トレンドライン

抵抗線・支持線




あとはこれに連動して

建玉操作を

組み合わせるだけですね。



「生涯現役」



を目指すためには

巷にあふれている価値の低い

情報収集に明け暮れるのではなく



しっかりと戦えるだけの

知識・スキル・経験

の積み重ねが欠かせません!



意味のない情報収集ではなく

生涯現役のための

売買技術の構築にこそ



自分のお金と時間をつぎこむ

自己投資をしていきたいですね。



株式投資で大切なことは、

以下の4つです。



==========

・相場俯瞰力

・銘柄選択力

・資金管理力

・売買技術

==========



この中の売買技術について

プロの投資家が大切にしている



「逆指値」



を使った 目からうろこ

かつ 簡単に実践できる



売買技術を

以下の書籍で公開しています。



相場の上げ下げの波に

上手に乗るための ヒントが満載です。



ご興味のある方は、

ぜひこの機会に

手に取って頂ければと思います。




 



 





こちらをクリック頂けると幸いです。






スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

相場:下降トレンドへの転換も視野に…!? [1週間の相場を振り返る]

スポンサードリンク




1週間の相場を振り返る(日経平均:12月第4週)



皆さま、こんにちは!



企業に勤めるかたわら

スキマ時間を活用した

株式投資で



10年で資産を10倍にした

ビジネスパーソンです。



ところで皆さん

今週の売買はいかがだったでしょうか?



常に上昇・下降を繰り返す相場の世界。

運や他人の情報に頼るばかりの

投資を続けていると、



いずれ資金が底をつき、

市場からの撤退を

余儀なくされる日が訪れます。



そうならないためにも

自分なりの『売買技術』を磨いて



『生涯現役』

を目指していきましょう!



先週のこの場では、

相場全体をふかんした時の



今週の注目ポイントとして

以下のことをご紹介しました。



=============

10日/25日移動平均線を

割り込むか否か…!?

=============



では今週の相場が

実際にどのように動いたのか



チャートを使って

振り返っていきましょう!



12月4週 チャート①.jpg



12月4週.jpg



チャートを見ても分かる通り

今週は株価の変動幅が少ない

1週間となりました。



さらには

出来高も極端に少なかったことが

分かります。



ここで株価と移動平均位置関係を

確認しておきましょう。



<先週末>

株価 > 10日(+) > 25日(+) > 60日(+)

(カッコ内は移動平均線の傾き)



<今週末>

10日(-) >株価 > 25日(+) > 60日(+)

(カッコ内は移動平均線の傾き)



12月4週 チャート②.jpg



先週と今週で起こった変化の

ポイントは2つです。



まず初めに、

株価が10日移動平均線の

下側に沈んできたこと



そして

10日移動平均線の傾きが

プラスからマイナスになったこと



これらが暗示していることは

来週以降数日以内に



10日移動平均線を

回復してこないと



上昇トレンドから

下降トレンドへと



転換する

可能性があるということ



特にこの先

10日移動平均線を割り込んだまま



上昇トレンドラインを

割り込んでくるようですと



さらに雲行きが

怪しくなってくることに

なりそうですね。



12月4週 チャート③.jpg



従いまして

来週以降の注目ポイントは



上昇トレンドラインを

割り込むか…!?



となりそうです。



果たして

来週はどのような

動きになりますでしょうか。



チャートを「読む」目的は、

以下の3つです。



①現状の把握

②トレンド転換を探る

③近い将来の方向性を探る



今回もこの投稿の中で

紹介していますように



簡単な道具の使いこなしだけで

十分にこの3つのことを

読むことができます。



移動平均線

出来高

ローソク足

トレンドライン

抵抗線・支持線




あとはこれに連動して

建玉操作を

組み合わせるだけですね。



「生涯現役」



を目指すためには

巷にあふれている価値の低い

情報収集に明け暮れるのではなく



しっかりと戦えるだけの

知識・スキル・経験

の積み重ねが欠かせません!



意味のない情報収集ではなく

生涯現役のための

売買技術の構築にこそ



自分のお金と時間をつぎこむ

自己投資をしていきたいですね。



株式投資で大切なことは、

以下の4つです。



==========

・相場俯瞰力

・銘柄選択力

・資金管理力

・売買技術

==========




この中の売買技術について

プロの投資家が大切にしている



「逆指値」



を使った 目からうろこ

かつ 簡単に実践できる



売買技術を

以下の書籍で公開しています。



相場の上げ下げの波に

上手に乗るための

ヒントが満載です。



ご興味のある方は、

ぜひこの機会に

手に取って頂ければと思います。




 



 





こちらをクリック頂けると幸いです。





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

相場:上昇トレンドラインを維持したままだが…!? [1週間の相場を振り返る]

スポンサードリンク




1週間の相場を振り返る(日経平均:12月第3週)



皆さま、こんにちは!



企業に勤めるかたわら

スキマ時間を活用した

株式投資で



10年で資産を10倍にした

ビジネスパーソンです。



ところで皆さん

今週の売買はいかがだったでしょうか?



常に上昇・下降を繰り返す相場の世界。

運や他人の情報に頼るばかりの

投資を続けていると、



いずれ資金が底をつき、

市場からの撤退を

余儀なくされる日が訪れます。



そうならないためにも

自分なりの『売買技術』を磨いて



『生涯現役』

を目指していきましょう!



先週のこの場では、

相場全体をふかんした時の



今週の注目ポイントとして

以下のことをご紹介しました。



=============

(月)に下げた後は

ジワジワとあげる展開か…!?

=============



では今週の相場が

実際にどのように動いたのか



チャートを使って

振り返っていきましょう!



12月3週 チャート①.jpg



12月3週.jpg



週初めの(月)は

予想通り値を下げて始まりました。



その後(火)には、

わずかに値をあげて



こちらも予想通り

ジワジワと値をあげる

展開に入るかと思いきや



その後は逆に

ジワジワと値を下げる

展開となりました。



ここで改めて

株価と移動平均線の

位置関係を確認しておきましょう。



株価 > 10日(+) > 25日(+) > 60日(+)

(カッコ内は移動平均線の傾き)



つまり

相場が最も強い時にあらわれる

パターンを



依然として

継続しています。



12月3週 チャート②.jpg



従いまして

この先株価が10日移動平均線を



割り込むことなく

再度反発してくるようですと



上昇トレンドラインが

継続することになりますので

買い戦略が有効となります。


 

しかしもしも仮に

株価が10日移動平均線を

割り込み



さらには

25日移動平均線を

割り込んでくると


 

上昇トレンドから

下降トレンドへの



変換の

可能性が出てきますので



売り戦略への転換を

意識しておく必要がありますね。



12月3週 チャート③.jpg



従いまして

来週の注目ポイントは



10日および25日移動平均線を

割り込むか否か…!?



となります。



果たして

来週はどのような

動きになりますでしょうか。



チャートを「読む」目的は、

以下の3つです。



①現状の把握

②トレンド転換を探る

③近い将来の方向性を探る



今回もこの投稿の中で

紹介していますように



簡単な道具の使いこなしだけで

十分にこの3つのことを

読むことができます。



移動平均線

出来高

ローソク足

トレンドライン

抵抗線・支持線




あとはこれに連動して

建玉操作を

組み合わせるだけですね。



「生涯現役」



を目指すためには

巷にあふれている価値の低い

情報収集に明け暮れるのではなく



しっかりと戦えるだけの

知識・スキル・経験

の積み重ねが欠かせません!



意味のない情報収集ではなく

生涯現役のための

売買技術の構築にこそ



自分のお金と時間をつぎこむ

自己投資をしていきたいですね。



株式投資で大切なことは、

以下の4つです。



==========

・相場俯瞰力

・銘柄選択力

・資金管理力

・売買技術

==========



この中の売買技術について

プロの投資家が大切にしている



「逆指値」



を使った 目からうろこ

かつ 簡単に実践できる



売買技術

以下の書籍で公開しています。



相場の上げ下げの波に

上手に乗るための

ヒントが満載です。



ご興味のある方は、

ぜひこの機会に

手に取って頂ければと思います。




 



 





こちらをクリック頂けると幸いです。




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(1) 

相場:保ち合い相場を上抜け後は…!? [1週間の相場を振り返る]

スポンサードリンク




1週間の相場を振り返る(日経平均:12月第2週)



皆さま、こんにちは!



企業に勤めるかたわら

スキマ時間を活用した

株式投資で



資産を10年で10倍にした

ビジネスパーソンです。



ところで皆さん

今週の売買はいかがだったでしょうか?



常に上昇・下降を繰り返す相場の世界。

運や他人の情報に頼るばかりの

投資を続けていると、



いずれ資金が底をつき、

市場からの撤退を

余儀なくされる日が訪れます。



そうならないためにも

自分なりの『売買技術』を磨いて



『生涯現役』

を目指していきましょう!



先週のこの場では、

相場全体をふかんした時の



今週の注目ポイントとして

以下のことをご紹介しました。



=============

保ち合い相場を

上or下

どちらに抜けるか…!?

=============



では今週の相場が

実際にどのように動いたのか



チャートを使って

振り返っていきましょう!



12月2週 チャート①.jpg



12月2週.jpg



今週に入っても

先週までの流れを引き継いで



株価が一定の範囲の中で動く

保ち合い相場が続きました。



しかしながら

金曜日になると様相が一変



今週の注目ポイントであった

保ち合い相場を



大きく上に抜けてくる

展開となりましたね。



12月2週 チャート②.jpg



今回のように

保ち合い相場の



上抜けや

下抜けは



長く相場を続けている

人であれば



最もリスクが少なく

利益を狙いやすい

おいし~い局面ですね。



このやり方を知りたい方は

ぜひ最後に紹介している

電子書籍でチェックを!



知っていて損はないはず。



さて

保ち合い相場上抜け後の



株価は今後どこまで

上昇するのか?



当面の上げの目途は

一般的にいくつかの目安が

知られています。



例えば、

直前の高値

キリがよい数字

など



チャートを見てみると

キリが良い数字では



24,000円

24,500円

あたり



直近の高値では

2018年10月2日の高値

24,448円



がいったん

意識されそうですね。



金曜日が一気に

株価が上昇しましたので



来週月曜日は

やや下げる可能性もありますが



その後は

総合的に判断すると



ジワジワと

2018年10月2日の高値

24,448円を



目指す展開を

意識しておきたい局面です。



12月2週 チャート③.jpg



果たして

来週はどのような

動きになりますでしょうか。



チャート「読む」目的は、

以下の3つです。



①現状の把握

②トレンド転換を探る

③近い将来の方向性を探る



今回もこの投稿の中で

紹介していますように



簡単な道具の使いこなしだけで

十分にこの3つのことを

読むことができます。



移動平均線

出来高

ローソク足

トレンドライン

抵抗線・支持線




あとはこれに連動して

建玉操作を

組み合わせるだけですね。



「生涯現役」



を目指すためには

巷にあふれている価値の低い

情報収集に明け暮れるのではなく



しっかりと戦えるだけの

知識・スキル・経験

の積み重ねが欠かせません!



意味のない情報収集ではなく

生涯現役のための

売買技術の構築にこそ



自分のお金と時間をつぎこむ

自己投資をしていきたいですね。



株式投資で大切なことは、

以下の4つです。



==========

・相場俯瞰力

・銘柄選択力

・資金管理力

・売買技術

==========



この中の売買技術について

プロの投資家が大切にしている



「逆指値」



を使った 目からうろこ

かつ 簡単に実践できる



売買技術を

以下の書籍で公開しています。



相場の上げ下げの波に

上手に乗るための

ヒントが満載です。



ご興味のある方は、

ぜひこの機会に

手に取って頂ければと思います。




 



 





こちらをクリック頂けると幸いです。




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

相場:保ち合い後のトレンドは上or下…!? [1週間の相場を振り返る]

スポンサードリンク




1週間の相場を振り返る(日経平均:12月第1週)



皆さま、こんにちは!



企業に勤めるかたわら

スキマ時間を活用した

株式投資で



資産を10年で10倍にした

ビジネスパーソンです。



ところで皆さん

今週の売買はいかがだったでしょうか?



常に上昇・下降を繰り返す相場の世界。

運や他人の情報に頼るばかりの

投資を続けていると、



いずれ資金が底をつき、

市場からの撤退を

余儀なくされる日が訪れます。



そうならないためにも

自分なりの『売買技術』を磨いて



『生涯現役』

を目指していきましょう!



先週のこの場では、

相場全体をふかんした時の



今週の注目ポイントとして

以下のことをご紹介しました。



=============

25日移動平均線を

割り込んでくるのか…!?

=============



では今週の相場が

実際にどのように動いたのか



チャートを使って

振り返っていきましょう!



12月1週 チャート①.jpg



12月1週.jpg



今週の(月)は陽線で

株価をあげて始まりました。



しかしその後は

終値ベースで値を下げ続け



ついに(水)には

今週の注目ポイントであった



25日移動平均線を

割り込みました。



この時点で

下落相場入りを示唆する



最も有名な チャートパターンの

1つである



2点天井+25日移動平均線割れ



を形成しました。



大切なのはその翌日の動き。

さらに株価が下げるようであれば

本格的な下落相場入り。



いったん 25日移動平均線を

回復してくるようですと



上下どちらに動いていくのか

再確認ということになります。



今回のケースで言うと

(木)(金)と



2日連続で

25日移動平均線を

回復しています。



しかしながら

どちらもローソク足の形が

十字線となっており



上下どちらにいくのか

迷っている状況が

よく分かりますね。



12月1週 チャート②.jpg



現在は

チャート上に赤線で示したように



上昇トレンドラインと

上値抵抗線の間で

株価が動いています。



12月1週 チャート③.jpg



このような局面では

この中でしばらく株価が 動いた後に



必ず上下いずれかに

抜けてきますので



そのタイミングを

逆指値で待ち構えて

おきたい局面ですね。



来週の注目ポイントは

今週同様に



25日移動平均線を

再度下に抜けるのか?

となりそうです。



果たして

来週はどのような

動きになりますでしょうか。



チャート「読む」目的は、

以下の3つです。



①現状の把握

②トレンド転換を探る

③近い将来の方向性を探る



今回もこの投稿の中で

紹介していますように



簡単な道具の使いこなしだけで

十分にこの3つのことを

読むことができます。



移動平均線

出来高

ローソク足

トレンドライン

抵抗線・支持線




あとはこれに連動して

建玉操作を

組み合わせるだけですね。



「生涯現役」



を目指すためには

巷にあふれている価値の低い

情報収集に明け暮れるのではなく



しっかりと戦えるだけの

知識・スキル・経験

の積み重ねが欠かせません!



意味のない情報収集ではなく

生涯現役のための

売買技術の構築にこそ



自分のお金と時間をつぎこむ

自己投資をしていきたいですね。



株式投資で大切なことは、

以下の4つです。



==========

・相場俯瞰力

・銘柄選択力

・資金管理力

・売買技術

==========



この中の売買技術について

プロの投資家が大切にしている



「逆指値」



を使った 目からうろこ

かつ 簡単に実践できる



売買技術を

以下の書籍で公開しています。



相場の上げ下げの波に

上手に乗るための

ヒントが満載です。



興味のある方は、

ぜひこの機会に

手に取って頂ければと思います。




 



 






こちらをクリック頂けると幸いです。






スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 1週間の相場を振り返る ブログトップ